お子様の治療と予防

お子様の歯科治療について

生えたばかりの永久歯は弱い?

生え替わったばかりの「子供の永久歯は大人の永久歯と比べて弱い」特徴があります。歯の表面のエナメル質は酸に弱い性質がありますが、「子供の生えたての永久歯は、さらに虫歯になりやすい」のです。

また、「子供の永久歯の奥歯は大人のそれと比べ、溝も深く深く細かく複雑」になっています。そのため溝の奥にハブラシが届きにくくなっており、虫歯になりやすいため注意が必要です。

乳歯の虫歯は永久歯に影響を与える?

その他注意すべきポイントとして、「乳歯を虫歯で失った子どもは、永久歯も虫歯になりやすい」ということがあります。健康な永久歯が完成するには、まず乳歯のうちからしっかり噛んで食事をすることが大切です。
つまり「どうせ生え変わるから」と乳歯の虫歯を軽く見てはいけないのです。乳歯であっても、大人と同様に、早期発見・早期治療は大切になりますので、お子様が虫歯になってしまった場合は早めの受診をお勧めするとともに、普段からの予防をこころがけましょう。

予防を最重視しましょう

定期的に歯医者に行きましょう

歯がむし歯になり痛くなってから歯医者に駆け込むのではなく、虫歯や歯周病にならないために予防をしていくことが最も大切です。ご家庭での毎日のセルフケアだけでなく、歯医者にって定期的な検診を受けましょう。

年齢に合わせて歯科予防

0~3歳未満のお子様

まずはじめに歯医者に慣れていただくことからはじめましょう。お子様には歯医者は決して怖いところではなく、あたりまえにいつも楽しく通える場所と思ってもらうことが大切。同時にハミガキの習慣も身に着けていきます。

3~6歳未満のお子様

3歳からはお子様お一人で診療チェアに座って治療や予防ケアを受けていただくようになります。

6~13歳未満のお子様

小学生になると、永久歯が生えてきます。歯医者に歯科予防で通院するということを習慣化して、せっかく生えてきた永久歯を守っていきます。

マイナス1歳からの歯科予防?

歯科予防は妊娠期間中から?

妊娠期間中、お口の中は酸性に傾きがちになっており、むし歯ができやすくなります。また女性ホルモンが増加することによって炎症が起こりやすくなり妊娠性歯周炎になるケースもあります。

そのため、いつもと変わらないセルフケアをしていてもお口の中の健康状態は変わってしまうこともあります。無理のない範囲で歯医者を受診しておきましょう。

妊婦の歯周病は早産などのリスクも?

妊娠期間中に歯周病がある場合、「早産」や「低体重児出産」のリスクが高くなるといわれています。タバコやアルコールによる「早産」や「低体重児出産」のリスクよりも、歯周病による「早産」や「低体重児出産」のリスクの方がずっと高いリスクであることがわかっています。歯周病は、サイレントディジーズといわれており、自覚症状がほとんどない病気なので、 いつのまにか歯周病による炎症が進んでいきます。ですが歯周病は、正しいセルフケアだけでなく歯医者で行う専門的なクリーニングを受けることで改善可能です。

産まれたてのお子様にむし歯菌はいません

むし歯の原因となる細菌は、産まれたての赤ちゃんの口腔内には存在しません。実はむし歯の多くは、ご両親から感染することが多のです。

お子様とのスキンシップや、食器の共有など。完全に防ぐ事は難しいことかもしれませんが、意識する事により、むし歯が感染するリスクを最小限に留めていくことは可能です。