歯のクリーニング・メインテナンス(GBT)

「バイオフィルム」に着目したメインテナンス(GBT)を採用しています

虫歯や歯周病は、歯や歯石などの表面に付着した「バイオフィルム」による感染症であることがわかっています。当院では、従来の、歯石除去を中心に考えたメインテナンスではなく、虫歯や歯周病の原因である「バイオフィルム」に着目した、非常に効果的なメインテナンス(GBT=誘導的バイオフィルム療法)を採用しています。お口の中に住み着いている常在菌が作り出すバイオフィルムを染出して施術を行っていきます。これまでの歯石取り等とは違い、歯や・歯茎などの歯周組織を傷つけることなく汚れを除去することが可能です。

バイオフィルムについて

バイオフィルムとは、口腔内の細菌が作り出すネバネバとした膜のことで、歯面などに強固にこびりつきます。排水溝やキッチンの三角コーナーなどのヌルヌルした膜もバイオフィルムです。バイオフィルムはバリヤーの様に、薬剤などから細菌を守る役割を果たします。歯面に強固に付着するため、薬剤やブラッシングだけでは除去しきれないため、歯科医院で専用の器具を用いたクリーニングを行う必要があります。

GBTの目的について

健康な歯の維持 

GBTでは、使用するエアフローによって、象牙質、セメント質、エナメル質、歯肉など歯科組織に対する侵襲性を抑えます。このことは患者さんの快適性につながります。その結果、患者さんが天然歯やインプラントを長く維持することにもつながってきます。

 

矯正装置の維持 

矯正装置は、日々の歯磨きでは届きにくい部位があるため、バイオフィルムの増殖を招きがちです。バイオフィルムは、歯肉炎、むし歯を誘発します。エアフローを用いると、問題の起こりやすい部位に清掃が届きやすくなります。歯や矯正装置を傷つけず、効果的にむし歯などを防ぎます。

むし歯・歯周病の予防

バイオフィルムは肉眼で確認が難しいため、染出して可視化することで除去が容易になります。GBTによって、子供や成人のむし歯や歯周病が予防しやすくなります。バイオフィルムがない=むし歯や歯周病になりにくい、状態です。

審美修復物の保全 

セラミックなどの審美修復物にとって重要な要素である歯肉の退縮を防ぐには、定期的なバイオフィルムの除去が必要です。GBTでは修復物の辺縁からバイオフィルムを効果的に除去します。また、GBTは、ステインや着色を防ぎます。

インプラントの維持

GBTは、インプラントの表面にもやさしく侵襲性を抑えてメインテナンスが可能ですす。エアフロー、ペリオフローによって、インプラント表面をやさしくクリーニングします。(一般的な金属製の手用器具を使用する方法では、インプラントや歯周組織に傷を作る可能性があります。)

歯周病の治療

GBTでは、歯周メインテナンスにおいて、大切な歯のセメント質を保全することができます。 深い歯周ポケット内の歯肉縁下バイオフィルムも、侵襲性を抑えつつ、残留した歯石を除去できます。

GBTのメリットについて(低侵襲・痛みを抑えた施術)

今までのラバーカップやブラシ、超音波スケーラーなどを使用したクリーニングや歯石取りは、場合により歯の表面や補綴物を傷つける可能性がありました。しかしGBTであれば、エナメル質より柔らかい象牙質や、人工物である被せ物・インプラントなどへのダメージを最小限に抑えてバイオフィルムを除去することができます。そのため、天然の歯や被せ物・インプラントを長く使っていただけます。今までのケアに痛みや不快感を感じていた方にもGBTをおすすめしています。

バイオフィルムを「見える化」し、より的確な処置を行います

バイオフィルムは、虫歯や歯周病だけでなく、糖尿病、心臓疾患、脳疾患、早産・低体重児出産、誤嚥性肺炎の原因になることがわかってきています。このようなバイオフィルムを薬剤によって染め出して「見える化」することによって、細部まで徹底したバイオフィルム除去につなげていきます。ご自身で行うセルフケアに加え、歯科医院で定期的にGBTを受けて、低侵襲に、より的確にバイオフィルムを除去することで、全身の健康を守ることにつながっていくことが期待できます。

当院ではEMS「エアフロー」を導入しています

EMS「エアフロー」とは、歯のクリーニングなどを行うシステムで、従来の歯のクリーニングとは違い、微細なパウダー粒子をジェット噴射で歯に吹き付けることで、エアフローでは細かなパウダー状の炭酸水素ナトリウム(重層)やグリシン(アミノ酸の一種)を、強力なジェット水流で歯に吹きつけることで、コーヒー、紅茶、赤ワイン、タバコのヤニなどによる着色汚れを落としていきます。歯周ポケット内のバイオフィルム除去にも効果が高い特徴があります。エアフローでは、ジェット噴射によって、茶渋やコーヒーなどの汚れが落ちることで、元々の歯の黄ばみが落ちて歯がキレイに白くなったように感じます。

歯肉縁上(歯の歯茎から見えている部分)と、歯肉縁下は4mm未満の範囲で使用します。非常に微細なパウダーは、歯面や歯茎を傷つけることなくバイオフィルムを効率的に除去することが可能です。甘い風味と穏やかなパウダーで、2歳以上の幼児、歯列矯正中のクリーニング、定期的なメインテナンス、インプラントのメインテナンス、歯周治療などに活躍します。

エアフローの細菌数減少効果

従来の歯石取りでは「超音波スケーラー」という機器を使用していました。この超音波スケーラーでは、深い歯周ポケットの場合細菌を除去しきれないことが少なくありませんでした。GBTメインテナンスでは「エアフロー」を使用するため、歯周ポケット内の細菌の数をより効果的に減少させることができます。

エアフローの細菌数減少効果

深いポケット内の洗浄前後の細菌数の変化

1ヵ月おきに洗浄を行っていった場合の細菌数の変化

※2018年6月1日発行 デンタルマガジン 165号 SUMMER より 

GBTでバイオフィルムを除去

口腔内のバイオフィルムが主因となり、歯周病、むし歯、インプラント周囲の炎症を引き起こします。さらに、歯周病がリスクを高める全身性疾患は、循環器疾患、呼吸器系疾患、関節炎、糖尿病など様々なものがあることがわかってきています。定期的なクリーニング・メインテナンスで、このバイオフィルムを除去し続けることで、口腔および全身の健康管理につなげていくことが可能になります。実際、定期的なクリーニング・メインテナンスで歯を守ることができることは、長期にわたる臨床研究で実証されています。

GBTは、ヨーロッパ歯周病学会提唱の以下の推奨に従っています:

  • プロフェッショナルによる機械的なプラーク除去(PMPR)
  • ホームケアのための口腔衛生指導(OHI)

GBTは様々なケースに対応

一般歯科診療

  • GBTは、バイオフィルム管理、歯科予防における新しいアプローチです。
  • GBTは、歯周やインプラント周囲の疾患予防のためのプロトコールです。
  • GBTは、口腔衛生を維持し、全身疾患(循環器や呼吸器系疾患、関節炎や糖尿病)の予防において重要な役割を果たします。
  • GBTは、脱灰やむし歯の早期検出を促し、侵襲性を抑えます。

歯列矯正中

  • GBTは、様々な矯正装置の予防・メインテナンスに対応します。
  • GBTは歯肉の過成長、歯肉炎および後退を妨げます。
  • GBTは脱灰やむし歯の早期発見とその後の予防に役立ちます。
  • GBTは、矯正装置の完全性の維持を助け、バイオフィルム蓄積を抑えることが期待できます。

インプラント

  • GBTは、インプラントのメインテナンスに効果的です。
  • GBTで、インプラント周囲粘膜炎を治療することによってインプラント周囲炎の発症予防に役立ちます。
  • GBTは、インプラントの治療前から治療後まで幅広く対応します。

GBTの流れ

01 評価と感染予防

全ての処置歯とインプラント補綴における口腔衛生対策:

  • 洗口液で洗口
  • 歯・歯肉・歯周組織の評価
  • インプラントとインプラント周囲組織も評価

02 染出し

バイオフィルムの可視化:

  • 染出し液で染出しされたバイオフィルムと問題のある部位をご説明
  • 染色がバイオフィルム除去の目安
  • バイオフィルムが除去されると、歯石の検出も容易に

03 情報提供

患者さんの意識向上と指導:

  • 予防の重要性のご説明
  • 口腔衛生についてのご指導
  • 患者さんに合わせた清掃器具のご紹介

04 歯肉縁上・縁下のエアフローMAX

バイオフィルム、ステイン、早期歯石を除去

  • 天然歯、修復物、インプラントには、エアフローを使用
  • 14μmのエアフローパウダープラスを用いて、歯肉縁上、最深4mmまでの縁下のバイオフィルムを除去
  • エアフローパウダーレモンを使用して、エナメル質上に残っているステインを除去

05 歯肉縁下のペリオフロー

4㎜から9㎜までの歯周ポケット内にあるバイオフィルムを除去:

  • 天然歯の深いポケット内、根分岐部やインプラント周囲粘膜炎には、エアフローパウダープラスを使用
  • ポケットの深さがわかる目盛り付きのペリオフローノズルを使用

06スマートピエゾンとPSチップ

残った歯石の除去:

  • 歯肉縁上と縁下10mmまでには、低侵襲のピエゾンチップPSを用いる
  • 10㎜以上のポケットにはミニキュレットを用いる
  • 縁下3mmまでのインプラント補綴周囲や修復物には、ピエゾンチップPIを使用

07指差し確認

最終のチェック:

  • バイオフィルムの取り残しがないかどうか最終確認
  • 歯石が完全に除去されたかをチェック
  • むし歯の有無を正確に歯科医師が診断
  • 歯面にフッ素を塗剤して保護

08 次回のご予約

歯肉の健康=生活の向上:

  • リスク分析に従って、リコール時期の計画を立てる
  • 患者さんに治療の評価をしていただく

定期的に歯のクリーニングを受けましょう

歯医者に行き、定期的に歯のクリーニングを受ける=定期メインテナンスは、その受ける間隔が大切になりますす。定期メインテナンスの間隔は、個人差はありますが、約3ヶ月に一度の間隔で受けることが必要とされています。痛くなってから治療に行くのではなく、普段から定期メインテナンスを受けることで歯を長期にわたって残すことが期待できるのです。