精密な診査・診断

精密な診査・診断が治療の成功を左右

治療を成功させるために「現状分析」は非常に大切となります。現状を精密に把握してこそ、理想的な治療後の状態を決定することができ、適切な治療計画を立てることが可能となります。そのため、歯、歯周組織、かみ合わせ、顎の骨、顎の骨の中の神経や血管の状態などを、精密に確認する必要があります。精密に確認することで分析が可能となり、どのように治療を進めていくべきかを検討可能となります。

インプラントの際にはCT撮影

インプラント治療の際には、提携病院にて「CT撮影」を行います。CTとは「Computed Tomography」の略で「コンピュータ断層撮影法」のことです。歯科用CTでは、顎の骨の状態や、その内部を通る血管・神経などの様子を「3次元の立体画像」で精密に確認することが出来ます。このため、従来のレントゲン撮影では見えなかった部分もしっかり見えるようになります。

被ばく量の少ないパノラマX線システム

レントゲン撮影によって得られる情報は精密な診査・診断に不可なものです(歯と歯の間の虫歯や、歯を支える歯槽骨の状態など)。

当院では従来のX線装置と比較して、格段に放射線による被ばくを抑えたシステムを導入しております。