精密な診査・診断

精密な診査・診断が治療の成功を左右

治療を成功させるために「現状分析」は非常に大切となります。現状を精密に把握してこそ、理想的な治療後の状態を決定することができ、適切な治療計画を立てることが可能となります。そのため、歯、歯周組織、かみ合わせ、顎の骨、顎の骨の中の神経や血管の状態などを、精密に確認する必要があります。

精密に確認することで分析が可能となり、どのように治療を進めていくべきかを検討可能となります。

当院では院内に歯科用CTを設置しています

インプラントガイド作製・セファロ撮影も可能

当院では院内に歯科用CTを設置しています。ドイツの歯科機器メーカーであるシロナ社のフラッグシップモデルである「Axeos(アクセオス)」という機種を採用しています。

この機種の強みとして、ハレーションなく画像が鮮明であることや、インプラント手術時の「ガイド」をあらかじめ院内で作製する事もできる機種です。また、歯列矯正の際の「セファロ撮影」も可能なため、矯正の診断も精密に行うことが可能です。

気道解析を行い睡眠時無呼吸症候群の診断も可能

その他、専用のソフトウェアを組み合わせ、上気道の解析を可能にするだけではなく、CTによる患者様の3D画像と光学面データを組み合わせることで、完全なデジタルワークフローが可能になります。

睡眠時無呼吸症候群の診断も可能で、解析、治療計画、および治療器具の発注まで、1回の診療で実施可能です。

3Dエンド治療(根管治療)も可能

歯内治療を行う上で重要となる、根管内の詳細な情報を得ることで、信頼性に優れた治療計画を立てることが可能です。360°ビューを含むアクセス始点と根管の形状、深さを正確に可視化することで歯内治療をデジタルにてサポートしてくれるシステムになっています。

また、ガイド付き根管アクセスガイドが作製可能なため、治療根に対し、数ステップで、より信頼性の高い治療結果を効率的に得ることが可能です。 

インプラントの際には必ずCTを活用

インプラント治療の際には、院内に完備している先進の歯科用CTによって、必ず「CT撮影」を行います。CTとは「Computed Tomography」の略で「コンピュータ断層撮影法」のことです。歯科用CTでは、顎の骨の状態や、その内部を通る血管・神経などの様子を「3次元の立体画像」で精密に確認することが出来ます。このため、従来のレントゲン撮影では見えなかった部分もしっかり見えるようになります。